看護師

脊柱管狭窄症を医療機関で治療する【ヘルスケアのススメ】

がん3大治療法

困る

がんの治療法には、従来の手術療法、薬物療法、放射線療法があります。近年では第4の治療法としてNK療法と言う療法があります。それぞれに、得意不得意なところがあります。基本的には、お医者さんが適切な方法を選択してくれますが、良く説明を受けることが大切です。

Read More...

発見しづらい症状の1例

観葉植物

肺がんの1種である肺腺がんは、比較的発症確率が高い割に早期発見が難しいタイプとされる。喫煙歴に関係無く気管支内部でできるため、自覚症状が無いうちに広がりやすいためだと言われている。その兆候としては長期間続くせきや急激な息切れが挙げられており、異常を感じたら定期的なCT検査が勧められている。

Read More...

住み慣れた家で暮らす

医者

在宅医療が必要な家族がいらっしゃるご家庭では、様々な困難にぶつかる事もあるかもしれません。ただ、世田谷区では在宅医療に力を注いでいるクリニックが多くあります。患者の病状や経過に合わせた在宅医療も可能ですので、そのようなクリニックを探してみるのをおすすめします。

Read More...

脊柱管に問題が起こったら

困る

腰痛の原因疾患です

脊柱管狭窄症とは、背骨の中の神経が通る脊柱管が、背骨によって圧迫される疾患です。高齢者の腰痛の原因として頻度の高い疾患で、重いものを持つ仕事をしていたりすると発症率が上昇します。また日常生活の中で胡坐をかく場面が多い患者にもよく見られる疾患です。交通事故などの外部からの力によって発症する場合もあります。検査は腰椎のレントゲンやCTで行います。これにより背骨の中の何が原因で脊柱管が狭窄しているかが分かります。治療は、鎮痛剤で痛みを止めながら、患部をコルセットなどで固定する保存療法が中心です。発症直後は医師より絶対安静の指示が出ることがあり、活動ができなくなることもあります。これは患部を元のままの状態に保ち、治癒を待つことが重要であるためです。

姿勢が大事です

脊柱管狭窄症は高齢になれば誰にでも発症する可能性のある疾患です。これはこの疾患が長年の背骨の使い方によって生じるものだからです。猫背の方は、腰椎のあたりで脊柱管狭窄症を発症しやすいです。この部位の背骨が、常時負荷を受けるために少しずつ脊柱管が狭くなるからです。脊柱管狭窄症を治療する場合は、医学的なアプローチの他に、日常的な姿勢を工夫して治療する必要があります。姿勢の治療というと整骨院を連想する方も多いと思いますが、病院のスタッフの中の理学療法士が、この領域の専門知識を持っており、アドバイスをリハビリ時に受けることができます。要点は背骨が本来の自然な状態になるように座る事で、初めは椅子を使った生活の中で正しい姿勢を学ぶことが重要です。このような生活を続けることで脊柱管狭窄症を発症しにくい姿勢が身に付きます。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症を医療機関で治療する【ヘルスケアのススメ】 All Rights Reserved.