病棟

脊柱管狭窄症を医療機関で治療する【ヘルスケアのススメ】

がん3大治療法

困る

がんの3大治療法

がんの治療法には、大きく分けて3つの方法があります。1つ目は手術療法です。体に雌を入れ、がんの病巣を切除します。臓器や体の一部の機能が失われることもあります。創部の治癒に時間がかかります。手術不能な場所にできたがんは適応しません。転移などが認められる場合は完治させることはできません。2つ目は薬物療法です。主に抗がん剤を投与してがん細胞を死滅させます。点滴や注射や内服により投与します。長期になる場合は、徐々に強い薬に変えていきます。副作用として脱毛や吐き気や倦怠感などがあり、患者さんにとってはかなりつらい治療となります。3つめは放射線療法です。がんの病巣部に放射線を照射してがん細胞を死滅させます。がんの大きさや市を正確に測り、局所的に照射することができます。放射線障害などが現れる場合があります。更に、最近ではNK療法と言う療法が期待されています。NK細胞を利用して治療する方法です。自身の血液を採取して、体外で培養しNK細胞を増殖して体内に戻します。NK細胞が、がん細胞を死滅させてくれます。NK療法を行う病院も増えており、期待されています。

今後期待される治療方法

最近では第4のがんの治療方法として、NK療法が期待されています。免疫療法として注目されているNK細胞を利用して治療する方法です。これはナチュラル・キラー細胞の略です。生まれつきがん細胞を殺傷する能力を備えているため、このように呼ばれています。もともと体内に存在しており、加齢とともに細胞数は減少してしまいます。患者さんから採血し、科学的な培養技術により活性化させて再び患者さんの体内へ戻します。自分の血液を利用するため拒絶反応や副作用の心配もありません。3大療法との併用も可能です。NK療法では、1クールを3ヶ月として6回投与が基本になります。NK療法の費用は160万円程度になり保険適用外です。確定申告により医療費控除の対象になります。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症を医療機関で治療する【ヘルスケアのススメ】 All Rights Reserved.