病棟

脊柱管狭窄症を医療機関で治療する【ヘルスケアのススメ】

発見しづらい症状の1例

観葉植物

イメージと異なる特徴

様々な医療技術が発達した現在でもなお、発見や対処が難しいとされる症例がいくつも挙げられます。国民病の1種とされるがんもその1例で、医療発達によって早期発見・対処がしやすくなった部位もあれば、依然として対処が難しい部位も存在するとされています。肺腺がんもそうした対処が難しいタイプの1例に挙げられます。肺腺がんとは肺がんの1種で、肺の内部にある気管支の末梢範囲、すなわち細い部分にできるタイプとされています。この種類は肺がんの中でも発症確率が比較的高いと言われており、喫煙歴に関係無く発症するという意外な面も挙げられます。したがって兆候があっても患者自身が気付かず放置してしまいがちで、早期発見が難しくなっています。加えてX線などの撮影検査をしていても、臓器の影となって発見しづらい上、外科的な手術が難しい特徴が指摘されます。

早期発見に向けた工夫

そのため日頃から肺腺がんを含めた肺がんの兆候を見逃さず、定期的なCT検査などの精密検査を受診する事が求められます。肺腺がんによる痛みは、ある程度がんが進行してからでないと出にくいとされており、それ以外の兆候で判断する事が必要です。代表的な兆候の1種としては、2週間以上せきが続いている状態が挙げられます。通常のせきは風邪などが回復すれば、1週間程度で治まるケースが多いとされます。それが断続的に続いている場合は、肺の異常が疑われます。また軽い運動や動作によってすぐに息が切れてしまう現象も、肺腺がんを含む異常による心肺機能低下で起きやすい兆候となっています。治療では抗がん剤や放射線による対処が主とされます。近年では効果的に肺腺がん細胞を攻撃する方法も開発される様になっており、完全な治療法確立が期待される状況になっています。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症を医療機関で治療する【ヘルスケアのススメ】 All Rights Reserved.